FC2ブログ

幼なじみ

「おーい、朝だぞー」
亜子が今日もやってきた。
俺の幼なじみ。幼稚園からずっと同じクラスだ。
だが、俺はもうずっと高校に行ってない。

「いや、俺はもう、学校行く気ないから……ほっといてくれよ」
「ええっ、でも、学校楽しいよ?きっと行ったら楽しくなってくるよ」
心の底から心配した様子で亜子が言う。

ベッドに横になりながら、俺はほとんどその話を聞かずに亜子のことをぼーっと見ていた。
幼稚園の頃から見ていた亜子。
今もどこか幼い顔をしているが、高校の制服に包まれたその身体は幼稚園の頃とは違うのだと主張しているようだ。
特にその、ブレザーの上からでもわかる、胸が……。

「ちょっと!聞いてるの?」
亜子が怒ったように言う。

「うるさいなあ、そんなに言うなら亜子が俺の代わりに行けばいいだろ!」
その言葉を聞いて、亜子が不敵な笑みを浮かべる。

「ふっふ~ん。そう言うと思ってね。今日は私の能力を見せたいと思います!」

「えっ?」

と、思っている間に視界がぐるん、と回る。
ジェットコースターみたいに、一回転。

気づくと俺は、俺を見ていた。
「えっ?えっ、何が、って、げほげほ!んんっ!」
なんか声が上ずって高くなってる。

「えっ!?な、なんか手が小さい!」
「何で俺が女子の制服着てるの?」
「俺の胸が!」
「なんでスカート……って下着まで!」
50283143_p4_master1200.jpg


「な、ない!ないーーー!」

視界の中の俺は俺が慌てる様子を楽しそうに眺めていた。

「ふふーん、身体を入れ替えてみました」
「お前、もしかして亜子か?ってことは、これは……」
「そう!私の身体です!!」
この上ないドヤ顔で答える俺。俺ってこんな顔できたのか。

「これ元に戻るのか?」
「戻しません!」
「戻しませんって、お前……」
「さっき言ったでしょ」
「え、な、何を……?」

「私が代わりに学校に行きます!!」

---

というわけで、亜子が代わりに学校に行ったわけだが。
まさか、あんなことになるなんて。

帰宅中に、道路に飛び出した1学年下の少年を助けようとした亜子――俺の身体はトラックにはねられてしまった。
即死だったそうだ。
その少年は、自殺するつもりだったらしい。皮肉なことで、その少年は助かったのだ。

俺との入れ替わりのことは誰にも言ってなかったらしく、俺は、亜子の身体で一生を過ごすことになってしまった。

5年後――

「ママ、行ってきまーす」
「亜子、気を付けて行ってくるのよ」
「大丈夫大丈夫!」

俺は、亜子のフリをして過ごしている。もう大学2年になった。
入れ替わった当初は戸惑いがちだった亜子のフリも最近は板についてきた。
今は自分が亜子だという気持ちで過ごすことができるようになってきた。
昔では考えられないぐらい、明るい女子大生を演じている。

あの頃は制服だったが、今では私服で学校に行っている。
亜子ならどんな服を選んだんだろうか。

「亜子、おはよう!」
「正樹、おはよう」
この大学生は、俺の身体の亜子が助けたあの男の子だ。
一つ年下なのだが、なぜ呼び捨てなのかというと、俺は正樹と付き合っているのだった。
あの事件があってからすぐ、正樹側からの猛烈なアタックがあって、思わずOKしてしまった。

俺としては、男と付き合うなんてごめんだったのだが、正樹だけは違った。
正樹といると、本来の自分に戻れるような不思議な感覚がするのだった。
「今日わたし、学校行きたくないよ~……」
普段誰にも見せない、俺の本来の姿。元気な亜子とは違う引きこもり体質の俺。

「何言ってんだよ亜子、学校楽しいよ?きっと行ったら楽しくなってくるよ」
心底心配した様子で、正樹がいう。
「ん?そのセリフ、どこかで聞いたことあるような……」
「え?あっはっは、気のせい気のせい。それよりさ、またお前の服、選んでやるから今日講義終わったら買い物行こうぜ」
「う、うん……」

正樹っていいやつなんだけど、講義の最中も、終わった後も、ずーっと俺と一緒にいるんだよなあ。
服も高校生の頃から全部選んでくれるから、正直楽なんだけど。
なんか監視されてるみたい?っていうか……
だいたい、何で女の服にそんなに詳しいんだよ?女装趣味でもあるのか?
それに、自殺しようとしてたと思えないぐらい、明るくて元気なんだけど。

聞きたいことはたくさんあったが、いつもごまかされてしまうのだ。
それに……

「なあ亜子、それで、今日の夜も……な!」
「うん、わかってる。本当に正樹、好きだよね」
「俺は亜子の気持ちいいとこなら全部わかるからな」
こう豪語する正樹、言うだけあってあっちの方がすごく上手いのだ。
それに、女の身体は男の時より格段に気持ちいい。
亜子には悪いけど、これだけは女になって本当に良かったと思っている。

「ああ、俺も男がこんなに気持ちいいなんて……っと、何でもない。今日も楽しみにしてるよ」
「う、うん!」
俺は、正樹に抱かれることを想像して、早速身体と股間が熱くなるのを感じていた。

---

F(えふ)さんが投稿されていたこちらを見つつストーリーを付けさせていただきました!

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

プロフィール

みなづきななな

Author:みなづきななな
皆月なななです。 TSF(男が女になっちゃう)小説を書いています! Twitterもよろしくね https://twitter.com/nanana_minaduki

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR